【家具購入の不安を解消!】AR/3Dで試すインテリアコーディネート


家具選びにおける「イメージと現実のギャップ」を解消する鍵、それがAR(拡張現実)技術です。

この記事では、ARと3D技術がどのようにインテリアデザインを変革しているかを探ります。

新しい家具を選ぶ際、実際の空間にどう馴染むかを事前に確認できるAR試し置きのメリット、最新のAR家具シミュレーター、そしてこれらの技術が家具選びにもたらす影響について詳しく解説します。

ARの基礎知識

拡張現実(AR)は、現実世界にデジタル情報を重ね合わせる技術です。

スマートフォンやタブレット、専用のARゴーグルを通して、実際の環境に仮想のオブジェクトを表示することができます。

この技術は、ゲームや教育、医療など多岐にわたる分野で活用されていますが、特にインテリアデザインの分野での可能性が注目されています。

関連記事はこちら↓

家具・インテリア業界が抱える課題をAR/3Dの導入で解決可能

ここでは、家具・インテリア業界が抱える課題と、それをAR/3Dでどのように解決できるのかについて解説していきます。

1.購入前の不安が解消され、返品率の減少やEC売上の増加につながる

家具やインテリアを購入する際、多くの顧客は製品が自宅の空間にどのように馴染むかを正確にイメージすることに苦労します。

オンラインショッピングの普及により、実物を見ずに購入する機会が増え、この問題はより顕著になっています。

色、サイズ、スタイルなどの要素が期待と異なる場合、返品や交換の手間とコストが発生し、顧客満足度にも影響を与えます。

この課題に対して、AR試し置き機能を活用することで、顧客は自宅の空間に仮想的に家具やインテリアを配置し、実際にどのように見えるかを確認できます。

例えば、スマートフォンを使用して、リビングルームに新しいソファを試し置きし、色やサイズが部屋の雰囲気に合うかをリアルタイムで視覚化できます。

このプロセスにより、購入前の不安を解消し、返品や交換のリスクを軽減することができます。

さらに、顧客の製品選択の確信を高め、EC売上や満足度を向上させる効果があります。

2.消費者のカスタマイズニーズへの対応を強化できる

顧客一人ひとりの好みやニーズは多様であり、既製品の家具やインテリアでは満足できないケースが増えています。

特に、限られた空間や独特のインテリアデザインを持つ住宅では、標準的な製品では適合しない場合があります。

これにより、カスタマイズ可能な製品への需要が高まっていますが、顧客の具体的な要望を正確に理解し、それを製品に反映させることは容易ではありません。

この課題に対して、AR試し置きを利用することで、家具やインテリアのカスタマイズがより簡単かつ効果的になります。

顧客は自分の部屋に合わせて、家具のサイズや形状、色を仮想的に変更し、最適な製品を選ぶことができます。

例えば、限られたスペースに適したサイズのチェアをARで試し置きすることで、実際に購入する前にそのフィット感を確認できます。

このインタラクティブな体験は、顧客にとってより個人化された製品選択を実現し、顧客満足度を高めます。

2024年版おすすめAR家具シミュレーター9選

現代の家具選びに革命をもたらすAR家具シミュレーターを9つ紹介します。これらのサービスは、家具の試し置きからインテリア計画まで、あなたの家具選びをサポートします。

1.RITTAI

サービス概要: Forgersが提供する「RITTAI」は、家具やインテリアアイテムを3Dで表示し、実際の空間に仮想配置できるARアプリです。
サービスの特徴: リアルタイムでの家具配置が可能で、サイズやデザインの確認が簡単に行えます。大手・中小問わず様々な家具・家電販売事業者やメーカー企業が利用しています。
導入事例:ニッセン、イトーキ、ベイクルーズ(ACME Furniture / Journalstandard Furniture)、ワクワクランドなど、多くのECで利用されています。
公式URL: RITTAI公式サイト

2.LOWYA AR

サービス概要: LOWYA ARは、人気の家具ブランドLOWYAのアイテムを自宅に仮想配置できるサービスです。
サービスの特徴: 幅広いスタイルの家具を試すことができ、購入前にどのように見えるかを確認できます。
公式URL: LOWYA AR公式サイト

3.Rakuten インテリア試し置き

サービス概要: 楽天市場の多様な家具をAR技術を使って自宅に仮想配置できるサービスです。
サービスの特徴: 豊富な商品ラインナップと、簡単操作での試し置きが魅力です。
公式URL: 楽天インテリア試し置き公式サイト

4.JOURNAL STANDARD FURNITURE AR

サービス概要: JOURNAL STANDARD FURNITUREの家具をARで試せるサービスです。
サービスの特徴: モダンでスタイリッシュな家具を、自宅の空間に合わせて試すことができます。
公式URL: JOURNAL STANDARD FURNITURE AR公式サイト

5.カリモクAR

サービス概要: 日本の家具メーカー、カリモクの製品をARで試せるサービスです。
サービスの特徴: 高品質な家具をリアルタイムで自宅に配置し、実際の見た目を確認できます。
対応デバイス: iOSおよびAndroidデバイスに対応。
公式URL: カリモクAR公式サイト

6.家具のAR

家具のAR 15秒CM

サービス概要: 「家具のAR」は、さまざまな家具を実際の空間に仮想配置できるARアプリです。
サービスの特徴: ユーザーフレンドリーなインターフェースで、多種多様な家具を簡単に試すことができます。
公式URL: 家具のAR公式サイト

7.CAINZ ARサービス

サービス概要: CAINZ ARサービスは、ホームセンターCAINZの商品をARで試せるサービスです。
サービスの特徴: DIYやガーデニング用品など、幅広い商品を自宅で試すことが可能です。
公式URL: CAINZ ARサービス公式サイト

8.SANWA AR

サービス概要: SANWA ARは、オフィス用品を中心にした家具をARで試せるサービスです。
サービスの特徴: 特にオフィス空間に適した家具を、実際のオフィス環境で試すことができます。
公式URL: SANWA AR公式サイト

9.RoomCo AR

サービス概要: RoomCo ARは、インテリアアイテムを自宅の空間に配置して試せるアプリです。
サービスの特徴: シンプルな操作性と豊富なアイテムで、理想の部屋作りをサポートします。
公式URL: RoomCo AR公式サイト

家具・インテリア業界でARを導入する際の検討事項

ここからは、家具・インテリア業界でARを導入する際の検討事項について、以下の2つのポイントを詳細に説明します。

1.AR表示された製品のリアリティは優れているか

家具・インテリア業界におけるAR技術の導入には、製品の正確な表現が不可欠です。

例えば、ARで試し置きする際、家具のサイズ、色、質感が現実と完全に一致している必要があります。

しかし、照明の条件や空間の特性により、実際の製品とAR表示が異なる場合があります。

これは顧客の期待とのギャップを生み、信頼性の低下に繋がる可能性があります。

したがって、技術的な精度とリアリティを高めることは、AR技術の導入における重要な課題です。

2.ユーザーインターフェースは使いやすいか

家具・インテリア製品のAR試し置きは、多様な顧客層にとって直感的で使いやすいものでなければなりません。

例えば、高齢者やテクノロジーに慣れていない顧客にも、ARアプリを容易に操作してもらう必要があります。

複雑でわかりにくいインターフェースは、顧客の使用意欲を削減し、製品への関心を減少させる可能性があります。

したがって、異なる年齢層やテクノロジースキルを持つ顧客にも配慮したユーザーインターフェースの設計が求められます。

関連記事はこちら↓

今後の家具・インテリア業界でのAR活用の展望

ここからは、今後の家具・インテリア業界でのAR活用の展望について、以下の2つのトピックを考察します。

1.AIとの統合により、個別に最適化されたインテリアの組み合わせが提案される

将来、AR技術は人工知能(AI)と統合され、顧客の好みや居住空間の特性を学習して、よりパーソナライズされたインテリアデザインを提案するようになるでしょう。

例えば、顧客が以前購入したアイテムやオンラインでの閲覧履歴から、AIがデザイン嗜好を分析し、それに基づいて新しい家具やインテリアの組み合わせをARで表示します。

このシステムは、顧客のライフスタイルや空間の利用方法に合わせた個別の提案を可能にし、購入プロセスをより簡単で満足度の高いものに変えます。

さらに、AIが季節の変化やトレンドを考慮して提案を更新することで、常に新鮮で個人に最適化されたショッピング体験を提供します。

2.部屋を模した仮想空間で、家族と一緒にインテリア配置をデザインする

AR技術の進展に伴い、将来的には家具やインテリアのデザインプロセスが仮想空間で行われるようになる可能性があります。

顧客はデザイナーや家族と共に、仮想現実(VR)とARを組み合わせた環境で、リアルタイムに家具やインテリアの配置やカスタマイズを試行錯誤できます。

例えば、遠隔地に住む家族が一緒にリビングルームのレイアウトを考えたり、プロのデザイナーが顧客の自宅に訪問せずとも、リモートで詳細なインテリアプランを提供したりすることが可能になります。

このような共同デザイン体験は、インテリアデザインをより身近で協力的なプロセスに変え、家具・インテリアの購入を一つの創造的な体験に昇華させます。

まとめ

この記事では、AR技術を活用した家具選びの革新的なアプローチを紹介しました。

ARと3Dシミュレーションが家具選びにもたらす3つのメリット、おすすめのAR家具シミュレーター10選を紹介し、それぞれのサービス概要、特徴等を提供しました。

これらの情報を活用して、あなたの家具選びをより効果的で楽しいものにしましょう。AR技術が開く、新しいインテリアデザインの世界をぜひ体験してください。