【小売業界のAR活用事例】実店舗・ECサイトにおけるAR導入メリットを紹介!

最近、小売業界においてAR(拡張現実)技術の活用が盛んになっています。

この技術は、消費者体験を革新し、ビジネスの可能性を大きく広げる力を持っています。しかし、実際にARをどのように活用すればいいのでしょうか?

本記事では、ARの基本知識から、小売業界におけるその魅力的な活用方法、そして実際の事例までを詳しくご紹介します。

実店舗とEコマース、それぞれの分野でどのようにARが利用されているのか、また、おすすめのAR制作会社もご紹介するので、ぜひ最後までお読みください!

AR(拡張現実)とは

拡張現実(Augmented Reality、AR)は、現実世界にデジタル情報を重ね合わせる技術です。

スマートフォンやタブレット、専用のARグラスを通じて、現実世界にバーチャルのオブジェクトや情報を表示することができます。

例えば、本棚を購入する際に、サイズや色が部屋にマッチしているかをARで仮想的に試し置きすることで確認することができます。

その他にも、AR技術は単なるゲームやエンターテインメントの領域を超え、教育、医療、リテール、製造業など多岐にわたるビジネス分野で活用されています。

AR活用事例についてさらに詳しく知りたい方はこちら

小売業界が抱える課題をAR活用によって解決可能

AR(拡張現実)は、小売業界が抱える課題を解決できるとして、注目を集めています。

1.購入前の不安を解消し、返品率が減少・EC売上が向上する

ECサイトでのショッピングは「商品を実際に見て触れない」という不安が付きまといます。

この問題を解決するのが、AR(拡張現実)技術の活用です。

例えば、家具を購入する際、ARを用いることで、実際の自宅の部屋にその家具を置いた時のサイズ感や見た目をスマートフォンやタブレットを通して確認できます。

これにより、「このソファは部屋に合うか」「この色は壁紙と調和するか」といった不安要素を事前に解消することができ、購入後の後悔や返品率を大きく減らすことが可能になります。

また、顧客はこのプロセスを通じて商品に対する理解を深め、購入意欲も高まります。結果、ECサイトの利用者満足度の向上や売上の増加に繋がるのです。

2.リアルタイムの在庫管理によって在庫の最適化が実現する

在庫管理は、小売業で常に重要な課題です。過剰在庫は資金の無駄遣いにつながり、品切れは顧客満足度の低下を招きます。

ここで、AR技術を活用することで、これらの問題を効果的に解決することができます。

ARを使うことで、実店舗や倉庫にある商品の在庫状況をリアルタイムで可視化し、管理することが可能になります。

例えば、スタッフがAR対応のデバイスを使って商品をスキャンするだけで、その商品の在庫数、在庫場所、補充が必要なタイミングなどの情報を即座に得ることができます。

これにより、過剰在庫の削減、品切れの防止、在庫の最適化が実現します。

3.ARを使ったインタラクティブな店舗体験で顧客満足度が向上する

実店舗での買い物は、商品を直接見て触れることができるメリットがありますが、デジタル技術の進化により、ただ商品を展示するだけでは顧客を惹きつけることが難しくなっています。

ここで、AR技術を導入することで、実店舗でのショッピング体験を劇的に向上させることができます。

例えば、服を実際に着ることなく、どの色が自分に合うかをARで試せたり、家具が自宅の部屋にどう合うかを確認できたりします。

これにより、実店舗でのショッピングが単なる「買い物」から「体験」へと変わります。

このように、AR技術を活用することで、顧客はより情報を得やすくなり、購買決定をスムーズに行えるようになります。

実店舗が提供できる独自の価値を高めることで、顧客のリピート率の向上や新規顧客の獲得につながるのです。

実店舗におけるAR活用事例

ここからは、実店舗におけるAR活用事例をご紹介します。

商品情報のAR表示による販売促進

この動画では、ゲームソフトのパッケージの表紙を読み取ると、そのゲームの紹介文やイラスト、動画がAR表示される様子が伺えます。

ゲームの魅力をより直感的に伝えるだけでなく、購入前の顧客の関心を引きつける効果も期待できるため、販売促進にも大きく寄与します。

AR技術を用いることで、従来のパッケージデザインを超えた新しい形の商品紹介が実現されているのです。

AR表示によるエンタメ体験 – スターバックス

スターバックスは、AR技術を活用して顧客体験を革新しています。

例えば、季節限定のプロモーションや新商品の情報もARを使って楽しむことができます。

このような取り組みにより、スターバックスは顧客に対して単なるコーヒーショップの体験を超えた体験を提供しています。

これは、AR技術が顧客エンゲージメントを高め、ブランド体験を深化させる一例として、大きな注目を集めています。

ECサイトにおけるAR活用事例

ここからは、ECにおけるAR活用事例をご紹介します。

ARによる家具の試し置き – Forgers

Forgersは、インテリア・住居業界向けに、小売・EコマースのAR/VRサービス「RITTAI」を提供しています。

ARによる家具の試し置き機能をオンラインストアに搭載することで、ユーザーは家具のサイズや色合いを購入前に自宅で事前シミュレーションすることができ、安心して購入することができます。

また、既存の国内WebARサービスの中では唯一、1つのURLでiOS端末・Android端末・PC端末に対応しているため、ほぼ全てのユーザーにAR体験を提供することが可能です。

RITTAI ウェブサイト

WebARについて詳しく知りたい方はこちら

ARによるお試しメイク – ロレアル

フランスの化粧品大手「ロレアル」は、AR(拡張現実)技術を活用したバーチャルメイクのサービスを提供しています。

このサービスは、スマホのカメラや写真アルバムを通じて、ユーザーの顔に仮想的にメイクを施すことができるものです。

ユーザーは、ロレアルの様々な化粧品を試すことができ、リップカラーやアイシャドウなどの色を瞬時に変更し、実際に購入する前にどのような見た目になるかを確認できます。

このバーチャルメイクサービスは、リアルタイムで高精度なメイクアップのシミュレーションを可能にし、ユーザーに新しいショッピング体験を提供しています。

また、オンラインでの化粧品購入の際の不安を軽減し、より満足度の高い購買をサポートしている点も魅力です。

ロレアル バーチャルメイク ウェブサイト

ARカタログの事例3選

AR(拡張現実)技術を活用したカタログは、従来の紙ベースのカタログに比べて、顧客に対してより鮮明でインタラクティブな体験を提供します。ここでは、ARカタログの事例を3つご紹介します。

1.リコー Clickable Paper

リコーのARカタログ「Clickable Paper」では、特にマンションや商品カタログに注力しています。

例えば、マンションカタログを使って、モデルルームの360度画像を表示し、内見できない方に対してもモデルルームを体験させることが可能です。

また、商品カタログにおいては、3Dモデルを使って、商品の設置イメージや色違い、オプションの有無などを詳細に説明できます。

さらに、在庫照会や即時購入が可能なEC機能も組み込まれており、販売機会を逃しません​​。

ジャパン建材株式会社の「Bullsカタログ」にもClickable Paperが採用され、動画を用いて商品の使い方や施工方法をわかりやすく伝えています​

リコー ARカタログ ウェブサイト

2.クラウドサーカス COCOAR

COCOARは、BtoB向けカタログやパンフレットにARを設定し、営業ツールとして活用しています。

工業製品カタログでは、製品紹介や稼働の様子を動画で配信し、オフィス用コピー機のカタログでは実寸大の3Dモデルを表示します。また、事務の制服に関しては、バーチャル試着を提供しています​​。

NTT西日本のサービス紹介カタログでは、営業マンが使用する冊子にARを設定し、サービスの紹介動画を視聴可能にしています​​。

COCOAR BtoBカタログ ウェブサイト

3.田中印刷所

田中印刷所では、商品や製品カタログ、絵本にARアプリシステムを応用しています。

商品画像にかざすと試着ができたり、製品写真にかざすと商品の説明が映像で流れます。

製品の立体的なCG図が動きながら説明する機能や、部品の組立て方の説明も提供しています。

絵本では、キャラクターのCGが出てきて動いたり話したりする機能を実現しています。

田中印刷所 ARカタログ・AR絵本 ウェブサイト

おすすめのAR開発会社3選

ここでは、おすすめのAR開発会社を3社ご紹介します。

株式会社Forgers

  • 会社概要: Forgersは、家具・小売業界や製造業界、通信業界など幅広い会社を対象にVR/ARアプリケーションやメタバース開発を支援している会社です。
  • 事業内容: 特にリアルタイムの3Dグラフィックスを活用したWebARの開発に強みを持ち、リアルなインタラクションを提供しています。
  • 開発実績: VR・メタバースショッピングアプリの企画・開発や、EC・小売店舗向けARサービス「RITTAI」、「RITTAI ROOM」を提供しています。

クラウドサーカス株式会社

画像出典:クラウドサーカス
  • 会社概要: クラウドサーカスは、企業向けに特化したAR・MRソリューションを提供する企業です。
  • 事業内容: 特に企業のプロモーションやブランディング向けのAR・MRコンテンツ制作に強みがあり、クリエイティブな視点を活かしたサービス提供が特徴です。
  • 開発実績: ARアプリ「COCOAR」/WebAR「LESSAR」などのARマーケティングツールの開発。

株式会社MESON

  • 会社概要: MESONは、AR・MR技術を用いたクリエイティブなコンテンツ制作に注力している企業です。
  • 事業内容: デジタルマーケティングとクリエイティブな視点を組み合わせ、企業のブランディングや広告キャンペーンに特化したAR・MRコンテンツの制作が特徴です。
  • 開発実績: ユニークな広告やプロモーション活動でのAR・MRコンテンツ制作に成功。MRグラス「NrealLight」を使ったMRショッピング体験「PORTAL with Nreal」を提供。

そのほかのAR開発会社について知りたい方はこちら

今後の小売業界でのAR活用の展望

今後の小売業界でのAR活用について、2つの展望をご紹介します。

1.ARによる商品紹介やプロモーションで購買意欲や来店意欲を高める

将来の小売業界では、ARを活用して店舗体験を一層インタラクティブにすることが期待されています。

例えば、顧客が店舗に入ると、AR表示によって個々の顧客の嗜好や購買履歴に基づいた商品情報やプロモーションがリアルタイムで提供されます。

顧客はスマートフォンやARグラスを通して、製品の仮想デモンストレーションを見たり、カスタマイズオプションを試したりできます。

このような体験は、顧客の購買意欲を高めるだけでなく、店舗への足を運ぶ動機付けとなります。

2.パーソナライズされたARショッピングアシストで顧客満足度が向上する

AR技術の進化に伴い、パーソナライズされたショッピングアシスタントの実現が期待されています。

顧客がARデバイスを利用することで、個々に合わせた商品の提案やスタイリングアドバイスが可能になります。

例えば、衣類店では、ARミラーが顧客の体型や好みに合わせて衣服を仮想試着させることができます。

また、食品店では、顧客の健康状態や好みに合わせた食材の提案が行われるでしょう。

このようなパーソナライズされたサービスは、顧客の満足度を大幅に向上させることが期待されます。

これらの展望は、小売業界においてARが単なるガジェットではなく、顧客体験を根本から変革する重要なツールとしての地位を確立することを示唆しています。

顧客との接点を深め、購買体験を豊かにするこれらの技術は、小売業界の未来を形作る重要な要素となるでしょう。

まとめ

本記事では、小売業界におけるAR(拡張現実)技術の活用法とその事例に焦点を当てました。

AR技術がいかに顧客体験を豊かにし、商品情報の提供を革新するか、お分かり頂けたでしょうか。

本記事が、小売業界においてARを導入する際の参考になれば幸いです。

関連記事はこちら